京都の紅葉だより~実相院の床もみじ他おすすめ寺院5選

暑かった夏が終わるといよいよ美しい秋の始まりです。

秋の深まりと共に京都ではたくさんの寺院の庭が秋色に染まっていきます。

鮮やかな色のグラデーションを楽しむ旅はいかがですか?

今日はそれぞれの紅葉が美しい5つの寺院を紹介します。

1  実相院門跡の「床もみじ」

まず、一番におすすめしたいのはこの実相院門跡の「床もみじ」です。

実相院は「岩倉御殿」ともよばれる門跡寺院(天皇家の血を引く方々が住職を務めた寺院)です。

「床もみじ」とは?

歴史を刻んだ漆黒の床に、秋の色に染まった美しい木々が映りこむ様子をいいます。

晴天の日が特に美しいこの「床もみじ」は実相院に行かれたらぜひ観ておきたい見どころのひとつです。

同じ位置からの眺めは四季それぞれに表情を変え、楽しませてくれます。

新緑の頃には美しい緑(床みどり)

冬には白い雪景色が床に写り込み、違った景色を見る事ができます。

写真撮影はできませんのでご注意下さい。

➡「床みどり」の記事はこちらから見れます

参照 http://www.mswest.co.jp/

参照 http://rkphoto.exblog.jp/

ここ実相院では比叡山を望む「こころのお庭」という石庭や、厳かな山水庭園

歴史的な襖絵や古文書、幕末資料などが残っており、見どころはたくさんあります。

秋のころには客殿の屋根瓦越しから幾重にも重なる紅葉の美しいグラデーションを楽しめます。

■見頃 10月下旬~12月下旬

実相院インフォメーション

住所   京都市左京区岩倉上蔵町121

    075-781-5464

時間   9:00~17:00

拝観料  大人600円

アクセス JR京都駅より地下鉄烏丸線・国際会館前下車。京都バス(24番岩倉実相院行き)に乗り換えて、終点下車すぐ

➡公式サイトはこちらから

2 詩仙堂

江戸時代初期の文人、石野丈山が結んだ草庵(わら・かやなどで屋根をふいた家。草ぶきの小さな家)

正しくは「凹凸窠(穴編に果)」(おうとつか)であり、
「凹凸窠(穴編に果)」とは、でこぼこした土地に建てた住居という意味です。
この「凹凸窠」の中心には、中国の漢晋唐宋の詩家三十六人の肖像を狩野探幽に描かせ、頭上にそれら各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた”詩仙の間”を中心としているところから「詩仙堂」とよばれています。

窠の中心からは白砂が敷き詰められた庭のむこうに美しく彩る木々の紅葉をみる事ができます。また、3月には梅、5月にはサツキが咲き誇り、四季折々の眺めを楽しむ事ができ、訪れる人々を魅了します。


参照 http://kyotomoyou.jp/sys


参照 http://feel55.net/

■見頃  11月中旬~下旬

詩仙堂インフォメーション

住所   京都市左京区一番寺門口町27

    075-781-2954

拝観料金 大人500円

時間   9:00~17:00

アクセス JR京都駅より京都市営バス(5番岩倉操車場行)、一番寺下り松町下車徒歩7分

➡公式サイトはこちら

3 天龍寺

天龍寺は名勝、嵐山を代表する寺院で世界遺産でもあります。(1994年に登録)

四季の様々な景色の美しさを堪能できる曹源池庭園や法堂かれた雲竜図など、見どころがたくさんです。

池に紅葉が映る景色はここでしか見れません。

また、長い歴史を持つこの寺院には釈迦如来像や夢窓疎石像など文化財に指定されているものも含めた寺宝がたくさんあります。

庭園内の龍門亭では精進料理も楽しめます。(要予約)

筆者も頂いてきました。

ごま豆腐が美味しかったです。



境内は3万坪と広大で南禅寺に次ぐ広さです。

紅葉を愛でながらゆっくりと散策してみてはいかがですか?

■見頃 11月中旬~12月上旬

天龍寺インフォメーション

住所   京都市右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

時間   8:30~17:00(11月11日~12月3日は早朝参拝7:30~、北門は9:00~16:30)

拝観料  大人500円・小中学生300円

アクセス 嵐電嵐山駅からすぐ
➡公式サイトはこちら

4 高台寺

高台寺は写真のように夜間のライトアップされた景観がとても幻想的でオススメです。

美しい紅葉とライトアップのコラボは紅葉時期ならではの景色です。

高台寺は豊臣秀吉の正室の「ねね」が秀吉の冥福を祈るために建立されました。

そのため、毎年この季節には秀吉にちなんだイベントが開催され、かなりの混雑も予想されます。(例年10月下旬から12月中旬まで)

混雑を回避するマル秘な方法

・昼のうちに入場券を購入しておく

・掌美術館で圓徳院との3か所入場券セットを購入しておく

・高台寺のライトアップは5時から始まります。

昼に入場したお客さんは一度外に出て閉園したのちに際入園しないといけないので

入園時間には注意が必要です。

■見頃  10月中旬~12月上旬

高台寺インフォメーション

住所   京都市東山区 高台寺下河原町526

時間   9:00~17:00、夜間特別拝観(10月21日~12月10日)

拝観料  大人600円・中学生250円(掌美術館含む)

アクセス JR京都から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで17分、東山安井下車、徒歩7分

➡公式サイトはこちら

5 仁和寺

888年、宇田天皇が亡き父光孝天皇の遺志により創建した真言宗の寺院です。広大な庭に国宝の金堂や五重塔(重要文化財)をみる事ができます。また、左右に金剛力士像を安置する二王門、五重塔や経蔵など数多くの堂塔が建ち並びます。

「古都京都の文化財」として、世界遺産にも登録されています。

境内は秋ならではの美しい建物と赤く色づいた葉色のコントラストが圧巻です。

■見頃 11月中旬~12月中旬

仁和寺インフォメーション

住所   京都府京都市右京区 御室大内33

☎    075-461-1155

時間   御殿・霊宝館9:00~17:00(12月~2月は~16:30、受付は30分前まで)

拝観料  大人500円・小中学生300円、霊宝館拝観料大人500円・中高生300円

アクセス JR京都駅より、京都市市営バス(26番山越中町行き)御室仁和寺下車すぐ

➡仁和寺公式サイトはこちら

まとめ

秋の京都はこれ以外にも紅葉が見れる寺院がたくさんあります。

ぜひ、足を運んで美しい日本の景色を楽しんでみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする