釜山シティーツアー~乗り降り自由であちこち観光できるオススメのコース

釜山でお得にあちこち観光巡りをするなら、シティーツアーバスがおすすめです。

1日乗車券を購入すると乗り降り自由なので安心して好きな場所に移動する事が可能です。

シティーツアーコース

シティーツアーコースは2階む建てバスで釜山の観光スポットを循環する観光用の公共交通機関です。神戸にもシティー・ループバスというのがありますが、まさに同じような感じです。

1日乗車券で3つのラインを追加料金なしで利用できます。

どこでも乗り降り自由、気ままに自分のペースで釜山の街を楽しむことができます。

すごくお得で便利なので特に初めての釜山旅行をされる方にはオススメです。

1) レッドライン 釜山駅↔海雲台(ヘウンデ)2階建てバス

釜山駅から出発し、UN記念公園、広安里(クァンアンリ)、マリンシティー、海雲台(ヘウンデ)、センタムシティーなど計14ヶ所の停留所を運行し、釜山の名所である釜山港大橋広安大橋を通ることができます。

【運行情報】

・始発   釜山駅9:30 発~11:40釜山駅着

  30分間隔で運行 

・最終   釜山駅16:30発~18:40釜山駅着

レッドラインのおすすめスポット!!

広安里海水浴場 ⑤

海雲台と並ぶ釜山2大海水浴場のひとつ。この辺りにはおしゃれなカフェや遊園地などがあり、全長7,420メートルにもおよぶ広安大橋が見える景色は最高です。ビーチ沿いを散策してみるのもよいかも!!

マリンシティー ⑦

高級マンションが立ち並ぶハイソな街並みにおしゃれなカフェが点在しています。

名前の通り海沿いの町なので景色を楽しみながらカフェタイムはいかがでしょうか?

下の写真は地元のセレブにも人気だというPaul Bassettというカフェ。

海を見ながらゆっくりくつろげる空間がおしゃれです。

■センタムシティー ⑩

売り場面積が世界一のギネス記録をもつ「新世界センタムシティー」は巨大なショッピングモールです。ショッピングはもちろん、スパやアイスリンク、映画の殿堂、食堂街など1日遊べる施設です。

        参照 釜山ナビ

2)ブルーライン 海雲台↔龍宮寺(ヨングンサ)1階建てバス

海雲台(ヘウンデ)海水浴場から出発し、タルマジキル(タルマジキル)、青沙浦, 松亭(ソンジョン)海水浴場、海東龍宮寺(ヘドン・ヨングンサ)など東釜山方面7ヶ所の停留所を運行します。

龍宮寺(ヨングンサ)は釜山に行くならぜひ訪れてほしいスポットですが、交通の便が不便な所なのでこのコースを利用するのがオススメです。

タジマジキルは海雲台からは近いのですが、歩くには少し遠いのでこのバスを利用すると良いと思います。

【運行情報】

・始発 海雲台海水浴場発  10:20発~

  約25~30分間隔で運行 但し12:05の次は13:15

・最終 海雲台海水浴場発  16:00発~

15:00以降に出発するバスはいずれもBEXCO止まりなので注意が必要です。

ブルーラインのおすすめスポット!!

■タジマジキル(月見の道) ②

海雲台ビーチの左手に見える丘、8キロほどの遊歩道沿いには、美術館・チムジルバン(沐浴場)ホテルやカフェなどが並んでいます。散策してみると釜山の海が一望でき、おすすめです。

写真は「ILLUA」というホテル内にある「MOONTAN BAR」というお店

海が一望でき、店内ではかわいい焼きたてパンを販売しています。

■龍宮寺(ヨングンサ)
駐車場からずらっと露天と十二支の像が並ぶ道を登っていくと、龍宮寺(ヨングンサ)の入り口があります。そこから108段の階段を登りきった所に美しい海と本堂が見えてきます。
日本では見たことのないロケーションに思わず目を見張ります。
ここは一度は足を運んでみて下さいね。
おすすめです!


参照 釜山ナビ

3)グリーンライン 龍湖湾遊覧船ターミナル↔ 五六島

龍湖湾遊覧船ターミナル~五六島を1日10本往復します。

【運行情報】

始発  龍湖湾遊覧船ターミナル発10:00発

45分~1時間間隔で運行

最終  龍湖湾遊覧船ターミナル発16:40発

1日利用券の料金

大人 15000ウォン

子供 (48ヶ月~高校生)8000ウォン

全ての停留所から乗車可能、最初に乗車したとき乗務員から先着順でチケットを購入できます。(現金/カード共にOK)

毎週月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は平常運行

まとめ

時間を有効的に安く観光するなら釜山シティーツアーはおすすめです。

地図を見ながら計画を立てていくもよし、思うがままに自由に乗り降りしてみるのもよし、

釜山の各観光地を楽しんでみてはいかがですか?

釜山シティーツアー公式サイトはこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする