年金を受け取るために必要な資格期間が25年から10年に短縮されます。

2017年8月1日より施行される法律により、今まで25年以上納めていないと受給できなっかった年金の受給資格期間が10年に短縮されます。これによって実際に年金の支給が始まるのは10月からになります。

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。
平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

日本年金機構公式サイトhttp://www.nenkin.go.jp/より抜粋

どういう制度なの?

老齢基礎年金を受け取るためには、今までは25年以上の加入期間が必要でした。いくら年金を納めていたとしても、25年以下の加入期間であれば、1円も支給されなかったのです。この制度によって10年以上年金を納めていれば、その納めた金額によって計算された金額を受給する事ができるようになります。加入期間が短ければ、その分支給金額も少ないのですが、支給額0と比べればとてもおおきな事ですよね。

現在役42万人とも言われる65歳以上の無年金者の4割が年金を掛けていた期間に応じて年金を受け取れるようになります。

老齢基礎年金 いったいいくらもらえるの?

20歳~60歳までの40年間(480か月)すべて保険料を支払った場合、満額の

779,300円(平成29年度現在)を受け取ることができます。

老齢基礎年金はこの満額の金額を基に計算することができます。

計算式:779,300円×保険料納付期間(月数)÷480ヶ月=もらえる老齢基礎年金(年額)

この計算式よりもらえる額を計算する事ができます。

■加入時間10年の場合   年間約194800円(1ヶ月あたり約16000円)

■加入期間15年の場合   年間約292200円(1ヶ月あたり約24000円)

■加入期間20年の場合   年間約386900円(1ヶ月あたり約32400円)

■加入期間25年の場合   年間約487000円(1ヶ月あたり約40500円)

尚、この場合免除期間は無視しての金額になります。

手続きの仕方はどうするの?注意すべき点は?

2017年8月1日時点で支給資格のある加入者には日本年金機構より「年金請求書(短縮用)」と年金の請求手続きの案内が郵送で送られてきます。

こんな黄色い封筒です。

封筒が届き次第必要事項を記入して住んでいる地域の年金事務所で手続きをすることができます。

また、すべての加入期間が「国民年金第一号被保険者」(自営業・フリーター・無職など)だった方は、お住まいの市区町村で手続きをすることができます。

※注意 受給資格があるのに黄色い封筒が来ない場合があります

■引っ越しを何度もして日本年金機構に住所移転の届を出していない人

■「カラ期間」のある人

(1986年3月以前に会社員の妻だった期間がある人、1991年3月以前に学生だった期間がある人)

■転職を繰り返していた人

上記にあてはまるという方で通知がこない方は一度年金機構に連絡してみて下さいね。

まとめ

自分が年金をいくら受給できることができるのか、この機会に自分の加入期間を「ねんきんネット」などで確認してみるのもよいかもしれませんね。

日本年金機構 ねんきんネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする