洗濯槽にカビ・・・頑固な汚れを落とすには?

はるです。

家事の中でも洗濯は割と好きな方でほぼ毎日しますが、洗った洗濯物に嫌なにおいが残っていたり黒い付着物を発見する事があります。

これって、洗濯槽のカビが原因なんですよね。

ゲッ(σ・∀・)σ・・・・って思って

洗濯槽クリーナーを買いに走りました。

こんな経験ありませんか?

今日は洗濯槽のカビができる原因とその対処法について書いてみたいと思います。

洗濯槽の内側はカビがいっぱい

洗濯槽の内側はそもそも湿気が多く、カビなどの雑菌が繁殖しやすくなっています。

清潔に保つにはちょっとしたコツがあります。

洗濯機の蓋は運転時以外は常に開けておく

これは気をつけないといけない事ですが、ついついふた閉めちゃいますよね~~

これは蓋をしめると湿気がこもってカビの温床になりやすくなるためです。

洗濯がおわったら蓋を開けておく習慣をつけましょう!

洗濯ものは入れっぱなしにしない

ついつい脱いだものは洗濯機に入れてしまいがちですが、気を付けましょう。

洗濯が終わり次第洗濯槽から出し、干す準備にかかりましょう。

洗剤は適量を使用する

洗剤は使いすぎず、適正な使用量を守りましょう。

溶け切らず洗濯槽内に残留した洗剤がカビの栄養源となって繁殖するのを防ぐためです。

最近は1回の使用料分のジェルボールなど便利な洗剤もできたので利用しても良いかと思います。

洗濯槽をお手入れする頻度は?

洗濯槽は見た目はきれいでも、裏の部分にカビが生えていることがあります。

1~2か月に1度、専用のクリーナーや過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使ってお手入れする事をお勧めします。

黒カビはふつうの洗剤では除去するのは不可能ですので専用クリーナーは必ず使用しましょう。

カビ落としの手順

30~40度のお湯を洗濯槽にいっぱいに入れクリーナーを投入後、3~ひと晩放置します。

お水だと、効果が出ない場合があります。

また熱いお湯(60度以上)だと漂白効果がおちる場合があります。

②浮かんできた汚れをごみすくいネットですくいとります。

➂もう一度洗濯槽を回し、浮いた汚れをすくいます。

汚れが浮かんでこなくなるまで繰り返します。

結構しつこく浮いてきますので根気よく繰り返しましょう。

まとめ

特に湿気の多い梅雨時、気温の上昇とともにカビが繁殖しやすくなります。

しっかりお手入れをして清潔を保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする