夏のヘアケアはシャンプーのやり方次第で決まります。

これからの季節、暑くなってくると汗で髪や頭皮が汚れたりべたつきやすくなります。

汗をかく事で皮脂も多く分泌されます。

皮脂が酸化する事によって頭皮を刺激し、ふけやかゆみ、かさつきや匂いの原因となります。

これらのトラブルを防ぐためには正しいシャンプーとシャンプー後のケアが大切です。

シャンプーは髪を洗うものだと思っていませんか?

ヘアケアの基本は洗髪(シャンプー)です。

シャンプーは髪の汚れを落とすのは当然なのですが、それ以上に頭皮のよごれを落とすという事が重要です。いくら髪の汚れをおとしていても頭皮の毛穴に汚れや皮脂が溜まっていては髪の健康は保てません。

シャンプーの際はとくに頭皮を洗うことを意識してみて下さい。

では、基本的なシャンプーの仕方をご紹介します。

1 シャンプー前にブラッシング

洗う前には目の粗いブラシでもつれた髪をブラッシングします。

こうする事で髪についたほこりや汚れを取り除き、またもつれをとる事で髪がからんで洗う時に無理な力がかかるのを防ぎます。

2 髪を濡らす(予洗)

まず、髪をよく濡らしましょう。特に髪が汚れていたり、スタイリング剤

を付けている時は熱めのお湯で。この時、地肌までしっかり濡らすことがポイントです。

根元までしっかり濡らしてない事で洗い残しになり、匂いの原因になります。

3 シャンプーをよく泡立てて洗う

シャンプーの量は適量で。

肩まで位の長さならポンプ2回程度が適量と言えます。必要以上の量を使うとすすぎ残しの原因になりますから注意が必要です。

よく泡立てたら、泡を広げて洗いましょう。もみあげの部分や耳の後ろ、襟足は特に念入りに、地肌をよくマッサージする様に洗うのがコツです。

ついてっぺんだけ洗って終わり!って感じになってしまいがちですが、隅々まで丁寧に洗います。

4 すすぎは念入りに

最後に十分にすすぎを行います。指を丸めてお湯を溜めるようにして洗います。

すすぎが不十分だと匂いやべたつきの原因になるのでしっかりすすぐことが大切です。

乾かすときのポイント

乾かす前にしっかりタオルドライをします。ごしごしこすると髪のダメージの原因となりますので、優しく包むように水気をとります。

そのあとはドライヤーで乾かします。

髪の毛を濡れたまま放置すると、カビの原因に!

面倒くさいからとか、ドライヤーは髪を傷めるからといった理由から、自然乾燥をしてしまう事がありますよね。それ、ダメです!!一見髪に優しいようにみえる自然乾燥ですが、意外に髪に与えるダメージはドライヤーより大きいので注意が必要です。

ドライヤーで乾かす時は髪に指を入れて、しっかり地肌を乾かすようにしましょう。

髪が乾いていても地肌が濡れていると雑菌が増殖しやすくなりカビや匂い、抜け毛などの原因になるので注意が必要です。

また地肌が濡れているとスタイリングも崩れやすく、ボリュームもでません。

まずは根本→それから毛先にむかって乾かしましょう。

まとめ

常に頭皮を清潔に、さわやかに心がけて美しい髪を保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする