ナッツに驚きの効能があるとの調査結果が~がんや糖尿病に効果があるって本当?

はるです。

先日の小林麻央さんの訃報は本当にショックでした。

最近ではつんく♂さん、樹木希林さん、南果歩さん、北斗晶さんなどがんの発病を告白する芸能人も少なくありません。年間羅患者が100万人ともいわれるがん大国日本。

そんな中、アメリカボストンのダナ・ハーバー研究所より驚きの調査結果が届きました。

まさに朗報です。

sunnysun0804 / Pixabay

ナッツを摂取する事で起こる驚きの効果とは?

2017年5月17日同研究室の研究チームは「ナッツの摂取で結腸がんの再発率と死亡率が低下する」といった内容の報告書を発表しました。

結腸がん患者826人を対象に調査を行った結果、回答者の19%が週に57g以上のナッツを食べており、食べていなかったグループと比較するとがんの再発率が42%,死亡率が57%も低かった。

というものでした。

週に57gというと、

アーモンド・・・・・48粒~1日7粒位

カシューナッツ・・・36粒~1日5粒位

わずかこれだけの量のナッツを摂取するだけでこれほど差がでるという事で、全米中で大きな反響を呼びました。

また、ナッツはほぼ油分なので血糖値を上げない性質があり、インスリン(糖質をエネルギーに変えるホルモン)を刺激しないので糖質制限の必要な糖尿病や肥満などの方にはきわめて有用な食材と言えます。

そのほかにもある、ナッツの健康効果

また2015年にオランダの医療機関がこんな発表をしています。

1万2000人の男女を対象に20年間追跡調査をした結果ナッツを多めに摂取することで「心臓病」「がん」「呼吸器系疾患」「糖尿病」感染症」といったリスクの減少に効果がある。つまり、ナッツはすべての慢性病リスクを減らして寿命を延ばす効果がある。

「ナッツは最強の健康食材である」

という事が医学の世界で認識されているというのですね。

他にもくるみは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすαリノレン酸が豊富に含まれており、血流の改善に効果があるといわれていたり、ナッツはアルツハイマー病の予防にも効果があります。

アンチエイジングにも効果あり

ナッツのなかでも特にアーモンドはビタミンEや植物繊維を豊富に含んでおり、美肌や便秘予に効果があり、そのうえカルシウム・マグネシウムも多く含んでいます。疲労回復にも効果が期待できる、まさに万能食なんですね~。

そのままシンプルにおつまみに食べるだけでいいので、簡単です。

私はクルミパンとか意識してセレクトしたりしています。

ただ、カロリーが高いので食べる量はほどほどに。

まとめ

健康や美容・アンチエイジングとさまざまな効果があるナッツ、1日7粒を習慣に病気にならない体つくりを心がけてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする