一度は行ってみたい博多祇園山笠!!日本の夏祭り~2017年~

はるです。

梅雨入りしたというのに、なんだか毎日お天気でおかしな感じですね。

7月に入ると、全国様々なところで熱い盛り上がりを見せる夏祭りが開催されます。

そこで日本の夏祭りの中でもぜひ、一度は行ってみたい博多祇園山笠をセレクトしてみました。

 博多祇園山笠  福岡県福岡市

今日紹介するのは私の故郷福岡で開催される博多祇園山笠です。

7月1日から15日に行われる博多祇園山笠は博多総鎮守・櫛田神社の厄災払いの神事です。

昨年ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

熱い男たちの山に賭ける熱い思いが伝わる勇ましい祭りです。

ちなみに女人禁制・子供もだめという、純粋な男の祭りと言えます。

ロマンですね~(笑)

山笠は「舁き山(かきやま)」と「飾り山」の2種類があります。

「舁き山」・・・参加する町を束ねた7つの自治組織「流れ(ながれ)」がそれぞれの舁き山を出します。クライマックスの追い山(最終日)では男衆がこの「舁き山」を担いで町を疾走する姿は圧巻です。

「飾り山」・・・高さ10メートル以上はある豪奢な飾り山を、祭りの期間中市内14か所に展示しています。

見どころ

最大の見せ場は「追い山」です。

15日の早朝、午前4時49分、静寂の中スタートします。

一番山笠だけが歌う事が許された「博多祝い唄」を歌い納めたあと7つの舁き山と1つの飾り山が次々と櫛田入りして追い山コースへと走ります。

■観光客が安全に見れる場所・・明治通りや大博通りなどの広い道

■山が旋回する見せ場・・櫛田神社境内、東長寺前、承天寺前にそれぞれ立てられる青道旗で山が180度旋回します。見どころの一つですね。

■一番早く走る山がみれる場所・・ゴール(廻り止め)手前の約120Mの直線で最後の力をふり絞ります。

【見どころマップ】

【お出かけメモ】

■追い山ならし(追い山のリハーサル)

7月12日 15時59分~17時頃

■集団山見せ

15時30分~16時30分頃

いずれも呉服町交差点出発、明治通りを経由して福岡市役所前

■追い山

4時59分~6時頃

■観覧料   無料

追い山ならしは3000円

追い山は6000円の有料観覧席あり

6月26日9時より櫛田神社にて販売予定

問い合わせ 博多祇園山笠振興会(櫛田神社内)

☎092-291-2961

➡博多祇園山笠公式案内サイトはこちらをクリック

博多祇園山笠が観れるツアー

➡ANA博多祇園山笠追い山・追い山ならし観覧ツアーはこちら

➡格安ツアーを探すならこちら

まとめ

国内でもねぶた祭りを抑えて観客動員数が最高ともいわれる博多祇園山笠をぜひ体験してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする