おすすめ韓国ドラマ10選~ヒューマンドラマ~

はるです。今日は韓国ドラマの中でもずっしり見ごたえのあるヒューマンドラマの紹介をします。

いつものように独断と偏見ですのでご容赦下さいね(笑)

私は何年か前から日本のドラマはほとんどと言っていいほどみてないのですが、韓国ドラマは結構視聴しています。なんでかな~~と自分なりに考えてみたのですが、やはり昭和生まれの私には昭和の香り漂う韓国ドラマが心にぐっとくるようです。

交通事故や記憶喪失など、えっ??と突っ込みどころ満載なのもそれはそれでいいんじゃないですか(笑)日本のドラマに飽きた方、こちらを参考にしてみてはいかがですか?

1 ジャイアント    2010年SBS  全60話

このドラマは・・・本当にはまります!!

SBS創立20周年企画ドラマとして製作されました。

当初50話の予定でしたが人気だったため10話延長され60話の放送となりました。

韓国内では最終回ではなんと40.1%をたたきだし、その年のSBS演技大賞では最優秀作品賞をはじめ数々の賞を受賞しました。

■キャスト■

イ・ボムス 、キム・スヒョン 、ファン・ジョンウム、チュ・サンウク 、パク・ジニ

■あらすじ■

1970年代。「漢江の奇跡」と呼ばれる高度成長時代に翻弄される家族の姿をイ・ボムス演じるガンモの目を通して描いたドラマ。復讐を誓い、運命に翻弄される兄妹の40年に渡った「愛」と「正義」を描く人間ドラマ。

主人公ガンモ役のイ・ボムスの演技が光ります。

個人的に私が好きなチュ・サンウクはちょっと悪役で出ています(笑)個人的には彼はやはりラブコメの方が似合います!

➡公式サイトはこちら

2 製パン王キム・タック  2010年KBS 全30話

「製パン王キム・タック」は70~80年代に韓国製パン界を大きく成長させた実在する人物を基にしたドラマです。主役のキム・タックを演じるユン・シユンがとてもはまり役でこの後人気が急上昇しました。ライバル役のチュオンも今や視聴率男と呼ばれるほど人気です。

■キャスト■

ユン・シユン、チュ・ウォン、イ・ヨンア、ユジン チョン・グァンリョル

■あらすじ■

コソン食品のク・イルジュン会長(チョン・グァンリョル)の妻ソ・インスク(チョン・インファ)は、引き継ぐ息子を身ごもることができず、姑ホン・ヨサ(チョン・ヘソン)に冷たい態度で接しられる中、コソン家の保母であるキム・ミスンがク・イルジュンの子ども(タック)を妊娠した事実を知り怒り狂う。キム・ミスン(チョン・ミソン)はソ・インスクを避け、コソン家から逃げ出す。数ヵ月後、ソ・インスクから、キム・ミスンを探し出して子どもを殺すよう命令されたハン・スンジェ(チョン・ソンモ)は、キム・ミスンが隠れ住んでいる場所を訪ねたことで、キム・ミスンとタックの身の危険が迫るが…。

この後ユン・シユンは2014年から海兵隊に入隊し1年10か月の兵役ののち2016年に除隊しました。こんな人気者でも兵役に行かないといけないとはきびしい世界ですね。

➡BSフジ公式サイトはこちら

3 花より美しく 2004年KBS   全30話

はっきり言って、特にイケメンや美女が出てくるドラマではありません。どっちかというと地味ぃ~なドラマです。でも見終わった後に、胸にじーんとくる何かがあります。そんなドラマです。ベテラン女優コ・ドゥシムが演技大賞を受賞した家族の愛について深く考えさせられる名作ドラマです。

■キャスト■

コ・ドゥシム、ぺ・ジョンオク 、パク・サンミン 、ハン・ゴウン 、キム・ミンミョン

キム・フンス  、カン・ジファン

■あらすじ■

家族を思い見守り続ける純朴な母を中心に、離婚して出戻ってきた長女やその他いろいろな問題を抱える子供たちそれぞれのエピソード、そして徐々に痴呆症が進んでいく母を優しく見守る子供達・・・

丁寧に人物模様が描かれていて結構泣きました。

➡KBSワールド公式サイトはこちら

4 ローズマリー  2003年KBS

■キャスト■

ユ・ホジュン、キム・スンウ、ぺ・ドゥナ、ヨン・ジョンフン

■あらすじ■

可愛い二人の子供と優しい夫に囲まれ、幸せな結婚生活を送っていた30代の平凡な主婦が、ある日突然、ガンの宣告を受け、幸せの絶頂から絶望のどん底に突き落とされてしまう。一方、オンラインゲーム会社社長の夫は、妻を愛しながらもゲーム開発に夢中になっていたが動揺を隠しきれない。
何気なく通り過ぎていた日常の小さな出来事の一つひとつが、生死と向き合って生きる女性の目を通して繊細に描かれ、生きることの本当の意味を考えさせられる。韓国女性たちをテレビに釘付けにし感涙させたヒューマンドラマ。

ちょっと古いドラマですが、すごくのめり込んで視聴したドラマです。主人公にとってはさりげない日常が妻のガン宣告によって残り少ないとても大切な日々に変わってしまいます。ドラマ『新貴公子』『ホテリアー』で日本でも大人気のキム・スンウが、愛する妻の病気を前にして初めて生きる苦悩を味わう繊細な役柄を熱演しています。

特に17話のスケートリンクでのやり取りでは涙腺が崩壊してしまいました・・・汗

不思議な存在感のペドゥナが暗くなりがちなテーマのドラマにアクセントを与えています。

➡KBS公式サイトはこちら

5 いとしのソヨン 2012年KBS(私の娘、ソヨン)내 딸 소영이 全50話

日本での題名は「いとしのソヨン」ですが、直訳すると「私の娘、ソヨン」です。

最高視聴率49.3%、週間視聴率22週連続1位(残りの3週は2位!)を獲得し、爆発的人気を誇ったドラマです。私がちょうどこのドラマを放送中に渡韓した際に、韓国人の友人達があ~でもない、こうでもないとか言いながら夢中になって観ていたのを思い出します。

■キャスト■

イ・ボヨン、イ・サンユン、チョン・ホジン、パク・ヘジン、イ・ジョンシン

■あらすじ■

無能な父親に愛想を尽かし、縁を切ってしまった娘と最高の父親になろうと努力する男性を通して、血縁の意味を説く物語。ヒロインのイ・ソヨンを演じるのはイ・ボヨン。ソヨンの夫となるカン・ウジェをイ・サンユンが演じる。また3年ぶりにお茶の間復帰するパク・ヘジンがソヨンの双子の弟を、演技初挑戦の「CNBLUE」イ・ジョンシンがウジェの弟として出演する。

個人的に見てて、あまりにも意固地なソヨンにちょっといらっとしたりもありましたが、いろいろ事情を知るうちにすこしづつ共感していきました。「父と娘の葛藤」という、今までの定番とはちょっと違った切り口が受けて世代を超えて人気を得た国民的ドラマとなりました。

➡KBS公式サイトはこちら

6 エデンの東 2008年MBC  全56話

「エデンの東」は1960年から2000年代を背景にした大河ドラマです。日本でも人気のソン・スンホン主演です。

■キャスト■

ソン・スンホン、ヨン・ジョンフン、イ・ダヘ、ハン・ジヘ

■あらすじ■

貧しい鉱夫の息子、ドンチョル(ソン・スンホン)とドンウク(ヨン・ジョンフン)は、炭鉱会社の社長のせいで死に追いやられた父の復讐をするために生きる。ドンチョルは、炭鉱会社社長の陰謀によって少年院に連れて行かれ、マフィアに成長する。一方、ドンウクは逆境を勝ち抜いてソウル大法大に進学し検事となる。しかし、ドンウクと同じ日に生まれた炭鉱会社社長の息子シン・ミョンフン(パク・ヘジン)が、実はドンチョルの実の弟で、復讐の対象だった社長は、ドンウクの実の父であった事実が発覚、兄弟は宿命的な葛藤に直面する。

とてもスケールの大きいドラマです。ソン・スンホンとヨン・ジョンフンもいいですが、脇を固める女優陣も素敵です。

左からイ・ダヘ、ハン・ジヘ、イ・ヨニ

このドラマは途中でイ・ダヘの降板騒動でも話題になりましたが、とにかくかっこいいソン・スンホンが堪能できます。

➡TBSチャンネル公式サイトはこちら

7 銭の戦争 2007年SBS

「パリの恋人」で人気の個性派パク・シニャン主演のヒットドラマ。「借金」をテーマに

目まぐるしい展開に目を離せません!!草なぎ剛の主演で日本でもリメイクされていますね。

■キャスト■

パク・シニャン、パク・チニ、キム・ジョンファ、シン・ドンウク

■あらすじ■

韓国のスポーツ新聞に掲載された人気漫画が原作です。元エリート証券マンクム・ナラが父の借金が元で路上生活者に転落し、まさにドン底の人生に。そこから這い上がるべく自らヤミ金業者になって世の中への復讐が始まります。「お金」を題材に愛や葛藤、家族関係などを絡ませて描いたドラマです。

視聴率も平均35%を超え、韓国ドラマ史上初の番外編「銭の戦争ボーナスラウンド」も放送されました。

主演のパク・シニャンってとっても不思議な俳優さんで、決して男前でもないんだけど、ドラマを観ているうちにだんだん引き寄せられていって最後にはハマってしまっているという、味のあるお方です。はい。

➡フジテレビOne two next公式サイトはこちら

8 グッドドクター   2013年KBS

サヴァン症候群という難しい役柄を主人公役のチュウォンがナチュラルに演じています。

また、その演技力を評価され2013年KBS演技大賞で最優秀男優賞のほか4冠を獲得しました。心温まるヒューマンドラマです。

放送初回から最終回まで同時間枠の視聴率1位を独走し、最高視聴率21.5%を記録する2013年の大ヒット作となりました。

■キャスト■

チュウォン、ムン・チェウォン、チュ・サンウク、キム・ミンソ

■あらすじ■

自閉症ながら、天才的暗記力と人体のあらゆる器官の構造を把握する脅威の空間認識能力をもつ〈サヴァン症候群〉の青年、パク・シオン(チュウォン)。そんな彼が障害に対する偏見や自分自身の弱さを乗り越え、小児外科医を目指し成長していく姿を描いたヒューマン・ピュアストーリー。

➡BSフジ公式サイトはこちら

9 相続者たち  2013年SBS   全20回

日本でのタイトルは「相続者たち」ですが

韓国での原題は「王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ~相続者たち」

「 왕관을 쓰려는자, 그무게를 견뎌라-상속자들」です。

主人公の御曹司イ・タンを演じるのは「花より男子」で人気のイ・ミンホ、相手役の貧しい家庭でアルバイトをしながら生活をしているチャ・ウンサンは子役から女優へと華麗な変身を遂げた期待の女優パク・シネが演じています。他にも人気若手俳優やKPOPグループのメンバーなど豪華なメンバーが出演しています。

富裕層、財閥家で育った高校生の物語を描くドラマです。

金持ちに生まれてもそれなりの苦悩や痛みがあるのですね。

なかなか見ごたえのあるドラマでした。

■キャスト■

イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン、チェ・ジンヒョク、カン・ミニョク(「CNBLUE」) クリスタル(「f(x)」) パクヒョンシク(「ZE:A」)

■あらすじ■

ウンサン(パク・シネ)は母親から用意してくれたお金を米国にいる姉に直接渡すという任務を託され、米国行きの飛行機に乗る。しかし米国で会った姉は結婚はおろかアルコール中毒の米国人と同居していた。裏切りの姉と会って大喧嘩して仲たがいしている中、笑えない出来事に巻き込まれタン(イ・ミンホ)と出会うことになるが…。

ライバル役のキム・ウビンは2017年5月、初期の鼻咽頭がんと診断され現在治療中との事です。早期の回復と今後の活躍を期待したいと思います。

➡BSフジ公式サイトはこちら

10 IRIS アイリス   2009年

「IRIS-アイリス-」は平均視聴率は30%を超え日本やハンガリーなどでもロケを行った大作です。制作費200億ウォン(約15億円)とも言われています。またイ・ビョンホンとキム・テヒと言う2大スターの共演でも話題のドラマです。その他にもチョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ソヨン、<BIG BANG>のT.O.P(チェ・スンヒョン)ら豪華キャストが共演しています。

■キャスト■

イ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、T.O.P

■あらすじ■

第2次朝鮮戦争を防ごうと命をかけ任務を遂行する国家安全局(NSS)要員を描く。“アイリス”とは劇中に登場する、南北統一の妨害を図る秘密団体の名称。キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)が、このアイリスに孤独な戦いを挑む。

日本では秋田県でロケが行われました。

なお、このドラマに出演した「BIG BANG」のTOPは最近大麻吸引容疑で在宅起訴されました。今後の動向が気になるところです。

➡BS TBS公式サイトはこちら

まとめ

いろいろ紹介させていただきましたが、他にもいろいろ感動するヒューマンドラマはたくさんあります。日本でも放送されている事もありますのでよかったらご覧になってみてはいかが?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. 村木 より:

    素敵に歳を重ねていくためのヒントを、、見てます。 村木

    • はる より:

      コメントありがとうございます^^
      夢中になれるものを見つけるのも素敵ですよね。