温泉で健康づくり~クアオルトを手本にした夏の温泉の楽しみ方~

湯治も多様化しています~温泉で楽しく健康づくり  ~

クアオルト(健康保養地)

温泉滞在が「健康づくり」をテーマに多様化しています。

昔は「湯治」というと、温泉に長期滞在しながら持病の治療や自然治癒力を整えるというのが一般的でした。

最近ではドイツのクアオルト(健康保養地)を手本に「温泉+ウォーキング+地産地消の食事」で短い滞在でも心と体を元気にするといったスタイルが人気です。

気候や地形の特性をいかしたウォーキング

単なるウォーキングではなく気候性地形療法といってドイツでは医療として認められている

心臓リハビリや高血圧、骨粗しょう症の治療に利用される自然療法です。

歩く前に健康チェックを実施し、自分の体力に見合ったスピードで森や山の中の運動負荷が計測された傾斜地を専任ガイドがフォローしながらウォーキングすることで通常のウォーキングよりも大きな効果が得られるようです。

日本国内では山形のかみのやま温泉でまさにこのクアオルトを体験できます。

かみのやま温泉公式HPはこちら

心地よく歩いた後は、点在する足湯で疲れを癒したり、共同浴場で汗を流す事も可能です。

かみのやま温泉のお湯は弱アルカリ性でお肌がツルツルに。

天然保湿成分、メタケイ酸を多く含み美肌の湯ともいわれています。

散策後の入浴は30分以上時間を空けてからが体への負担を抑えられます。

クアオルトスタイルの宿泊

クアオルトスタイルでは、体の中からの健康を推進するということで地元の自然の食材を使用したヘルシーな食事を利用できます。

※葉山館

クアオルトスタイルプラン1泊2食付き(1室2名利用)1名18360円+入湯税より

その他全国で実施中のクアオルト

秋田県三種町 tel 0185-85-4822(企画政策課 クアオルト推進室)

新潟県妙高市 tel 0255-74-0013(健康保険課・健康保養地クアオルト係)

石川県珠洲市   tel 0768-82-7776(珠洲市観光交流課)

和歌山県田辺市 tel 0735-42-0751(世界遺産熊野本宮館)

島根県大田市 tel 0855-65-2998(温泉津ヘルスツーリズム協議会)

大分県由布市 tel 097-582-1111(由布市総合政策課)

夏の温泉の楽しみ方~炭酸泉で夏の疲れを解消しましょう~

炭酸泉って何?

二酸化炭素(炭酸ガス)を含む湯で日本では全国の源泉うちの0.5%と希少です。

泉質は二酸化炭素泉や含二酸化炭素と記されています。

炭酸泉は体を刺激して毛細血管を拡張し血液の循環をよくするためお湯の温度が低くても体が温まったと感じます。ですから、夏の入浴にぴったりなんですね。

高血圧や心臓病に効くといわれ「心臓の湯」とも呼ばれます。

最近では炭酸泉を楽しめるスーパー銭湯も多いのでぜひ疲れを癒しに出かけてみて下さいね。スーパー銭湯では人工的に高濃度の炭酸ガスを溶け込ませ、人工炭酸泉を実現しています。

全国の炭酸泉の温泉

横谷温泉旅館(長野県)  公式HPはこちら

みちのく温泉(青森県)  公式HPはこちら

大塩温泉(福島県)  温泉案内はこちら

湯屋温泉(岐阜県)公式Hpはこちら

吉川温泉(兵庫県)HPはこちら

小屋原温泉(島根県)参考ページはこちら

長湯温泉(大分県)HPはこちら

いずれも炭酸温度が高めのお湯です。

炭酸泉は一般的に湯あたりしにくいので長湯をしたい方にはおすすめです。

水分補給はお忘れなく!!

夏の入浴の際のポイント

温泉では入浴と休憩を繰り返しながら行う分割湯をお勧めします。

入浴3分→休憩を3回繰り返す

まとめ

暑い夏こそ温泉と入浴を上手に利用して疲れを解消し、快適に過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする