【雲が描いた月明り】第3話 あらすじ

今日は「雲が描いた月明り」第3話の紹介です。

キャストはこちらをご覧ください

第3話あらすじ

ネタバレ注意!!

借金のかたに、宮廷の内官になるよう売られてしまったラオン(サムノム)。

ラオンが恋文を代筆していたと知ったミョンウン王女。

怒りのあまり、ラオンに向けてついに刀を突き付けてしまう。

恐怖に震えるラオンの元にヨンが駆けつける。

何とかミョンウン王女を説得し、ラオンを助け出す。

ラオンはなんとしてでも宮殿から脱出しようと内官の試験を白紙で提出する。

ところが、ラオンに興味がわき始めたヨンは直接答えをきいたからとラオンを合格扱いとしてしまう。

てっきり不合格になったと思っていたラオンは、合格と聞いてヨンに不満をぶつけに行く。

ところが、まだヨンは自分の正体を明かさない。結局ラオンは内官になってしまった。

そしてラオンは、淑儀パク氏の手紙を王に届ける役目を仰せつかることになる。

淑儀パク氏は母を失ったヨンを、実の子の様に優しく接してくれた大事なひとだ。

王宮にいる役人に手紙を渡すと、即座にかえって来た文は白紙だった。

それを不服に思ったラオンは王様へ献上する上奏書のなかに手紙を紛らせ王に読んでもらうことにした。

しかし、またもや返ってきたのは白紙の手紙だった。

少しの希望に望みを託していた淑儀パク氏だったが、白紙の返信にすっかり落胆してしまった。

今までの王様との手紙をすべて燃やしてしまうよう、ラオンに命令するのだった。

手紙を燃やすのをためらっているラオンに「なぜ燃やさないのか?」と尋ねるジョンヨン(ヨンの幼なじみであり守護神)

「なんか、フルーティーな香りがするので」というラオンの言葉に”あぶり出し”の手紙である事に気づくジョンヨン。

そして、淑儀パク氏に王様の手紙が白紙ではない事を伝えたのだった。

王様は政敵に用心するあまりに、手紙に細工をしていたのだった。
淑儀朴氏は手紙に書いてあった、いつもよく会っていたという愛蓮亭(エリョンジョン)の前に行く。

そして、久しぶりに王との再会を果たす。

そんな王にヨンは「やるべき任務を果たしていないのではないか!!」と怒りをぶつけるのだった。

しかし、王様の本心は「何もしない事で身近な人たちに危害が及ばないように」という気遣いからなのだった。

王様の秘めた思いを知り、誤解が解けたヨンは「自分を摂政にしてほしい」と王様に懇願する。

そして、王を操ろうとしている政敵の側近たちを上手く言いくるめたヨンは摂政の座をつかんだのだった。

そして、内官になったラオンは東宮殿に配属され、最初の仕事は世子の専用書庫に本を運ぶ事。

静かに書庫に入るとそこにはなんと、あのヨンの姿が・・・。

そこで、自分の名前を告げるのだった。

「お前、私の名前を尋ねただろう?私の名前はイ・ヨンだ。」

感想

私が気になってしょうがないのはミョンウン王女。
可愛い顔なんですが、ちょっとふっくらしています。

演じているのはチョン・へソンという女優さん。
この役のための特殊メイクみたいです。

実物はこちら。

ドラマの王女とは全然違いますね。
とってもきれい!!やっぱり。

この役を引き受けるにあたって葛藤はなかったのだろうか?

しかし、キム・ユジョンちゃんはこのラオン(サムノム)役がぴったりですね。

ちょっと少年っぽい感じで内官役がよく似合っています。

まとめ

ヨンが世子である事を知ってしまったら、これからヨン皇子とラオンの間はどう変わっていくのか、楽しみですね。

世子がラオンを気に入っているのはすごくよくわかるのですが、内官なので男だと思っているから、友達の様に感じているのか、そこのところがまだクエスチョンです。

世子の幼なじみでボディーガードみたいな役のジョンヨンがちょっと謎過ぎてこれから先、どんな展開になるのか楽しみです。

全体的に明るい感じで見やすいドラマです。

ぜひ視聴してみて下さいね。