韓国ドラマ 「恋のスケッチ~応答せよ1988」をご紹介します

今日は韓国ドラマ”恋のスケッチ~応答せよ1988”の紹介です。

このドラマは人気シリーズ「応答せよ」の第3弾になります。

過去に放送された「応答せよ1997」「応答せよ1994」も大変な人気で、ケーブルTVでの放送にもかからわず
高い視聴率が話題になりシリーズ化に至りました。

せっかくですので”恋のスケッチ~応答せよ1988”の前に少しだけ前回の2作を簡単に紹介します。

応答せよ1997

2012年

「応答せよ1997」は同窓会で久々に再会した釜山出身の高校時代の仲良し6人組が繰り広げる物語です。

「1997年」と言えば、K-POPの伝説的アイドル「H.O.T」がデビューした年。

H.O.Tの熱烈なファンのシウォン(チョン・ウンジ)に片思いのユンジェ(ソ・イングク)。

ユンジェはシウォンの幼なじみ成績トップの優等生。彼なりにアプローチをするも、シウォンにとっては近すぎて異性として見る事ができない存在。

しかし、ユンジェの兄、テウン(ソン・ジョンホ)がシウォンに告白するという一件から二人の関係に変化が訪れる。

オーディション番組「スーパースターK」で優勝し,現在大活躍のソ・イングクとガールズグループ「A Pink」チョン・ウンジが出演しているのも話題になりました。若い時の初々しいソン・イングクが見られます^^
釜山弁がすごくほっこりします。

90年代の流行やトレンドがあちこちで描かれ、90年代に青春を過ごした視聴者の共感を得て回を追うごとに熱狂的なファンを獲得。シリーズ化するまでになりました。

応答せよ1994

    2013年

「応答せよ1997」の制作陣が再び結集しました。

今回の舞台は1994年のソウル。
アマチュアバスケットボールの人気が絶頂だったこの頃、「新村下宿」を舞台に切ないロマンスや家族愛を描きます。地方から上京してきた学生が暮らす下宿での甘酸っぱい青春が描かれています。

今回もそれぞれの生まれ故郷の方言の演技が話題になりました。

ヒロインのナジョンを演じたAraは一躍人気者になりました。

Ara

恋のスケッチ~応答せよ1988

はい!お待たせしました(笑)

「応答せよシリーズ」第3作「恋のスケッチ~応答せよ1988」です。

ソウルオリンピックが開催された1988年。

前の2作と同様、ヒロインの未来の夫を探す謎解き、当時の流行や出来事、文化をところどころにちりばめながら
またまたキュンとする青春ストーリーが展開します。

あらすじ

オリンピック開幕直前の1988年。

ソウル双門洞(サンムンドン)に住む女子高生ドクソン(ヘリ)は開会式でウガンダ選手団の先導役に選ばれテレビ中継に映る事に。その姿を幼なじみのジョンファン(リュ・ジョンヨル)、テク(パク・ボゴム)、ソヌ(コ・ギョンピョ)、ドンリョン(イ・ドンフィ)も大喜びで応援する。

天才プロ棋士として活躍するテクが、中国の囲碁大会で優勝する。

幼なじみ5人でパーティーを開くが、最近綺麗になったドクソンを意識し始める。

純粋な若者たちの素朴なやり取りがキュンとするドラマです。

シリーズ2作に出演した俳優ソン・ドンイルと女優イ・イルファがヒロインの両親に扮していて親しみがもてます。

ヒロイン役はGirls Dayのヘリ。かわいいですね♡

この番組でテク役を演じたパク・ボゴムは大ブレイクしました。

他にも私が注目しているのがこの人。

ソヌ役のコ・ギョンピョ

はい!

2017年9月現在BS-TBSで放送中の
「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中~」で財閥御曹司のジョンウォン役でコン・ヒョジンと共演している彼です。

コン・ヒョジンが身長172センチなのに、2人のシーンを見てると彼女よりはるかに背が高い。

あ~~、いったい何cm??

調べてみました。

コ・ギョンピョ  身長  185センチ

やっぱり~~。高いですね~~
最近私が一番注目している俳優さんです。


また、このドラマで共演したヘリとリュ・ジュンヨンが2017年8月、公式に交際を認めています。
何かと話題の多い本作です。

まとめ

今日ご紹介した応答せよシリーズ、
ぜひ、第1作より視聴する事をお勧めします。

韓国のドラマは前半もう一つ?な作品が多いのですが、みるうちにどんどん面白くなってきます。
青春時代のキュンとするシーンを堪能してみて下さい。

みなさんの参考になれば幸いです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする