京阪神 桜だより~電車で行けるお花見ナビ~

shell_ghostcage / Pixabay

今年もそろそろ桜の季節がやってきました。

今回は電車で気軽に行けるお花見スポットを紹介します。

ちょっと遠出をして今年の桜を堪能してみませんか?

3/31更新

造幣局 桜の通り抜け

ご存じ造幣局の桜の通り抜けです。

「通り抜け」という名の通り、造幣局の南門から北門までの構内通路を一方通行で通り抜けます。

かなりの人なので、流れに逆らわずゆっくりと歩きながら鑑賞しないといけません。全国から集められたという珍しい桜の数々を楽しむことができます。その数たるや130種・約350本と言われ圧巻の眺めです。

ベニテマリやヨウロウザクラなど、なかなか他ではみる事のできない珍種が多い事で知られており、全国から園芸愛好家が訪れます。

また、場所柄普段は一般公開しない立ち入り禁止の区域ですので大変貴重な体験ができます。

夜になるとぼんぼりに明かりが点り、昼とはまた違った幻想的な夜桜の美しさを堪能できます。

開催期間 4月11~17日 入場無料

アクセス  JR東西線 大阪城北詰駅・大阪天満宮駅から徒歩約15分

時間    10:00~21:00,(土日は9:00~)

☎     050-5548-86868(ハローダイヤル)

姫路城

大天守保存修理を終え、一層美しくなった世界文化遺産・国宝姫路城の桜はおよそ1000本。

ソメイヨシノはもちろん、西の丸庭園に咲くシダレザクラと白壁のお城のコントラストは絶好の写真スポットです。

桜の見頃に合わせて4月3日~9日は「姫路城夜桜会」が開催され

西の丸庭園が夜間無料開園されます。

※入場は18時~20時半まで

アクセス  JR神戸線 姫路駅より徒歩約20分

散策自由

※入城・受付9:00~16:00(有料)

(4月1~9日は8:30~)

( 4月27日以降は17:00まで)

☎ 079-285-1146(姫路城管理事務所)

円山公園

京都市内最古の公園、円山公園。

京都でも随一の桜の名所で時期になると毎年たくさんの花見客で賑わうスポットです。

かなり広いその広場の至るところにソメイヨシノ、シダレザクラが咲き乱れ、

特に有名な「祇園枝垂桜」のライトアップされた姿はとても幻想的で美しく必見です。

アクセス  京阪祇園四条駅より徒歩約10分

開園・閉園 24時間(無料)

円山公園・桜ライトアップ(3月中旬~4月中旬)

夙川公園

夙川沿いの約2.8kmにわたってソメイヨシノなど約1660本の桜が咲き乱れその模様は

まるで桜のトンネルです。

4月2日には「西宮さくら祭り」が開催されます。(10時~6時)

お茶席やお花見ウォーキング、コンサートや写生大会などが催される予定です。

アクセス JR神戸線さくら夙川駅下車すぐ

☎   0798-35-3321(西宮観光協会)

醍醐寺

豊臣秀吉の「醍醐の花見」で知られる醍醐寺の桜は境内全域にソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約1000本あり、例年3月下旬ごろから約3週間かけて順に開花していきます。一番の見どころは霊宝館や三宝院のシダレザクラの大木で、夜にはライトアップが楽しめます。また4月9日の13時から15時頃には「豊太閤花見行列」が催されます。

アクセス 琵琶湖線 山科駅または六地蔵駅から地下鉄「醍醐」より徒歩約10本

拝観受付(有料) 9時~16時

☎  075-571-0002

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする