更年期の肌トラブルを少しでも和らげるためにするべき方法

スポンサーリンク

はるです。

ここ最近更年期がひどくて、のぼせ・多汗に悩まされています。
イライラしたり、集中力が欠けたり、なかなかつらいものがあります。

そんな体の内側の問題だけではなく、お肌にも変化を感じるようになりました。
お肌がくすんだ感じがして、乾燥・くすみも気になります。
・・・・これももしかして更年期の仕業?

どうやら、更年期による体の変化がお肌の状態にも影響しているようです。というわけでいろいろ調べてみました。

更年期による肌トラブルはどうしておこる?

更年期の不調の原因はエストロゲンという女性ホルモンの急激な減少だといわれています。女性ホルモンは心身のバランスを調節する重要な役割を担っているのですが、40代を境にその分泌量ががくっと減ってしまいます。そのためにいわゆる更年期と呼ばれる体調の変化、コンデションの崩れがおきてきます。

参照 https://i0.wp.com/bihadasennyo.com/wp-content/uploads/2016/07/estrogen.jpg

エストロゲンの減少によって皮脂やヒアルロン酸が減少するため肌自身の保湿力が弱まり乾燥しやすくなるのです。

そして、バリア機能も低下するので炎症をおこしやすくなり、かゆみや赤みがでる場合があります。

また、角質の生まれ変わり、いわゆるターンオーバーが衰えごわつきやくすみの原因になります。

私のお肌のトラブルもまさにこれだったんですね~~

更年期肌をケアするための3つのポイント

では、このややこしい時期のお肌のトラブルと上手につきあっていくためにはどうしたらよいのでしょうか?

1 食事や漢方で内側からケア

体の酸化を抑える働きがあるエストロゲンの減少で更年期以降はその働きが低下します。体内の酸化を抑える抗酸化成分を含む食品を積極的に摂るようにします。また、体・心・肌のトータルなケアとして漢方薬は内側の体の乱れに効果的と言われています。

抗酸化成分を多く含む食品 参照バナナ大学

 2 生活スタイルにゆとりを持つ

更年期はホルモンの急激な減少で体内のすべてのバランスが乱れてきます。体調が悪いなと思ったら無理はせず、ほどほどに手を抜くことが大切です。ゆったりとした生活を心がけ、体調を管理していきましょう。

3 更年期肌に合ったスキンケア

更年期肌になると、皮脂が減るので今まで愛用してきた化粧品が合わなくなってくる場合があります。更年期のお肌にマッチした専用の化粧品などもありますので、中身をよく吟味して選びましょう。

肌の負担を減らすよう洗顔やクレンジングの際に肌をこすりすぎないように注意しましょう。

更年期肌と上手に付き合っていきましょう

更年期になると大なり小なり誰でもお肌のトラブルを抱えるようになります。(私自身が経験済みです)

この時期のお肌を良い状態に保つにはお手入れやお肌の変化に合った化粧品のセレクトが重要になってきます。

また、刺激に敏感になっていますので炎症をおこさないためにも、化粧品の過度な塗りすぎはお肌への負担になります。

自分の年代に合った化粧品を適量使用する事がトラブルを最小限に保つためのポイントです。

私が利用している化粧水はこちら

まとめ

いや~な更年期は症状が現れる人、そうでない人それぞれですが、原因をよく理解してホルモンの変化に対応し適切なお肌ケアで綺麗を保ちましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク