【速報!!】メルカリの個人情報が流出したって・・大変。対策は?

スポンサーリンク

はるです。

深夜ですが緊急なニュースが入ってきました。

web版メルカリで個人情報が流出したというニュースが飛び込んできました

➡詳細はこちら

FirmBee / Pixabay

何がどのように流出したのか?

4. 閲覧された可能性のある個人情報
・名前・住所・メールアドレス・電話番号
・銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限
(※以上、登録しているお客さまのみ)
・購入・出品履歴
・ポイント・売上金、お知らせ、やることリスト

個人情報を閲覧された可能性のある利用者には個別でメルカリよりメールにて連絡があったようです。

私は出品もして購入もしていますが、ほぼスマホで利用しているのでメールも来なかったし、

多分大丈夫とは思いますが人ごとではありません。

何でも2017年6月22日web版メルカリにおいてパフォーマンス改善のためキャッシュサーバーの切り替えを行って以降、一部の利用者の情報が他者から閲覧できると指摘があったとか。

恐ろしい話ですね。

以前にも「ベネッセ」や「日本年金機構」などの個人情報流出事件がありましたが、メルカリでも起こってしまったのですね~~怖い怖い

メルカリサイトでも指摘があってから30分後、web版メルカリを閲覧不可能なメンテナンスモードに切り替え、その20分後には問題を解消し今に至るという事です。

メルカリ利用者がすべき対処法

今回はメルカリ利用者が、自分のマイぺージを開いたところ、他人のマイページが表示されたの事です。

マイページとは住所や電話番号、売り上げやクレジットカード情報など、まさに個人情報が網羅されたぺ-ジです。

・・・それ、ダメでしょう!!

今回は発見が早かったために、甚大な被害は免れたようですが、いつ、どんなところで情報が流出するかもしれません。つい最近ではアマゾンでの詐欺アカウントでの情報抜き取りやアカウント乗っ取りなど、実際に次々と危機は起こっているのです。。

情報収集を特にまめに行い、セキュリティー(特にパスワード情報)には十分に注意する事が自分を守る方法だと改めて思いました。

パスワードは使いまわしをしない。

単純なパスワードは避ける

定期的にパスワードの変更をする

これらの事を実行する事である程度防ぐことは可能です。

自分の身は自分で守る事が大切です。

面倒がらずに気をつけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク